レディ

ヘアメイクの資格を習得するポイント|夢を叶えるために

美容師免許が必要

まつエク

アイリストになるためには

まつげエクステを行うアイリストの資格には公的なものはありません。しかし複数の民間団体が主催している資格があります。主なものとして、まつ毛エクステンション技能検定試験、アイスタイリスト資格検定試験、プロアイリスト検定などが挙げられます。このまつげエクステの試験のうち最も有名なのは、まつ毛エクステンション技能検定試験です。3級から1級まであり、2級以上は美容師免許取得者か、美容学校在学者、卒業者が受験資格として求められます。アイスタイリスト資格検定試験は、3級から1級と、認定インストラクター資格があります。各級を受験する場合、受験資格として一定期間と一定数の施術経験が必要です。プロアイリスト検定は3級から1級とプロアイリスト認定講師にわかれています。アイリストになるのには、実は、上記資格がなくても問題はありません。しかし技術と知識がある証明にはなりますので、取得しておくといいでしょう。注意する必要があるのは、まつげエクステを行うためには美容師免許が必要だということです。美容師免許を取得するためには、厚生労働省認定の美容学校を卒業することで受験資格を得て、国家試験を受験して合格する必要があります。美容学校によっては、美容師養成課程とともにアイリストになるのに必要な知識と技能を学べるコースを設置しているところもあります。そこで、アイリストを目指す場合は、アイリストコースのある美容学校に進学するか、美容師免許を取得後にまつげエクステのスクールに通って学ぶかのどちらかの方法になります。美容学校の費用は250万から350万が相場です。まつエクスクールは、初心者向けのコースの場合は数万程度からありますが、プロを目指すコースでは、通常50万〜60万程度になります。この他に教材費などがかかることがあります。